2022/11/25

地政学的な要因を背景とするサイバー攻撃やゼロデイ エクスプロイトが増加するなか、インシデント レスポンス担当者たちが懸命に応戦しています。

2022年6月、世界各国のサイバーセキュリティ担当者およびインシデントレスポンス担当者 125 人にご協力いただき、インシデントレスポンスの動向についてオンライン調査を実施しました。

今年のレポートでは、脅迫型ランサムウェア攻撃、ビジネス メール詐欺(BEC)、API セキュリティ システム、コンテナやクラウドの脆弱性、ディープフェイクによるリスクの増大など、ほかにも多数の脅威分野について詳しく調査しています。

セキュリティ担当者がより多くの脅威を検知して阻止し、嵐を乗り越えられるようにするための参考としてお役立てください。

本書の構成

  • はじめに
  • 調査結果の主なポイント
  • 大風の目:脅威の現状
  • 風向きの変化:攻撃者が被害者のネットワーク内を移動する方法
  • IRの現状
  • 組織及びIRチームのための5つのベストプラクティス
  • お客様事例
  • まとめ
  • 調査方法
資料ダウンロードはこちらから

おすすめ資料ダウンロード

最新の「資料ダウンロード」

人気の記事

関連する記事

関連する資料ダウンロード

関連するセミナー

関連情報

VMware 認定ディストリビューター情報

TOP