課題を解決

Kubernetes 上での開発・運用の課題を解決!
VMware Tanzu Application Platform によるクラウドネイティブな開発とは?(前編)(1/3)

2022/09/01

〜開発者が求める生産性と、運用者が求める安全性を両立するコンセプト

コンテナは、ビジネスを加速するためのアプリケーションの基盤技術として広く採用されています。同時にコンテナによる開発・運用に欠かせない基盤としてKubernetesも普及しつつありますが、アプリケーション開発の観点では、開発者と運用者の双方に課題をもたらしています。そこで開発者と運用者のギャップを埋め、生産性と安全性を両立しながらモダンアプリケーション開発の促進を目指すのが、VMware Tanzu Application Platformです。本記事では、 Tanzu Application Platformのコンセプトとメリットを、開発者・運用者それぞれの観点で解説します。

ビジネスの鍵を握るアプリケーション開発における課題

ビジネス環境の厳しい変化が続く中で、ITでビジネスを急成長させた企業も多く存在しています。それらの成功事例は、ソフトウェア開発の面で共通する特徴を備えています。具体的には、ビジネスのニーズを迅速にシステムとして実装できる俊敏性、そして少人数・短期間で開発し少人数で運用できる生産性の高さ、そしてトランザクションの急増にも耐えられるスケーラビリティです。このようなモダンなアプリケーション開発を可能にする技術として、コンテナ技術の採用が進んでいます。そして、多数のコンテナを管理するプラットフォームとして同時に普及しつつあるのが、Kubernetesです。

しかしアプリケーション開発の観点では、俊敏性・生産性・スケーラビリティを実現するには、高いハードルが存在しています。Kubernetesやパブリッククラウドが提供する各種サービス群は、部品集のようなもので、アプリケーションプラットフォームとして機能させるには、いくつものソフトウェアやサービスを組み合わせなければなりません。

これは、開発者がコードを書くことに専念できず、インフラを意識して開発をする必要があることを意味します。例えば、Kubernetes上でアプリケーションを開発する過程では、開発者はDockerfileやマニフェストといった大量のYAMLファイルを書かなければなりません。クラウドサービス上での開発であれば、各種のサービスを組み合わせて、アーキテクチャを構成する必要があります。さらに実際のビジネスでは、セキュリティやパフォーマンスについても配慮が必要になります。このような複雑な状況では、開発における俊敏性・生産性・スケーラビリティの実現は困難になります。

おすすめ資料ダウンロード

この記事を読んだ人がよく読む記事

最新の「課題を解決」

人気の記事

関連情報

VMware 認定ディストリビューター情報

TOP