課題を解決

限界を迎えた境界型防御の課題を VMware SASE で解決(3/3)

2021/07/13

VMware SASE のユースケース

社員のリモートワーク環境を整備

メーカーA社は、社内ネットワーク(閉域網)を運用してきましたが、そこに下記のような課題が顕在化してきました。

  • クラウドサービスの利用増加によりインターネット回線や拠点回線の帯域が逼迫
  • 通信が可視化できないために遅延などの原因究明ができない
  • 専用線による閉域網の柔軟性に欠ける通信コントロール

この課題解決のためにA社が採用したのが、「インターネット経由で、いつでもどこでも安全に業務ができるようにする」というゼロトラストの思想に基づき、社内ネットワークをVMware SD-WANへ切り替えるというアプローチです。従来の境界防御型セキュリティから脱却し、クラウドファーストの分散型セキュリティへの転換を図ることを基本方針とするもので、すなわちゼロトラストの考え方を採用することにしました。

これによりA社は、次のような効果を得ることができました。

  • インターネット通信のローカルブレイクアウトによる帯域幅の確保とボトルネックの解消
  • 通信の可視化による遅延などにかかわるリアルタイムでの原因究明の実現
  • インターネット回線の増減だけで対応できる柔軟なWANの運用の実現

まとめ

上記のユースケースからも言えるように、SASEはオンプレミスを中心としたセキュリティからクラウドベースのセキュリティへの変革を実現します。

社員の働き方がますます多様化し、働く場所も分散化している昨今、この状況に対応するためにはユーザーとSaaSを中心としたアプリケーション間のスムーズな連携を実現すると同時に、そこで扱うデータを厳重に保護しなければなりません。

この要件を満たすのがVMware SASE です。クラウドベースのネットワークサービスとセキュリティサービスを統合したゼロトラストネットワークアクセスにより柔軟性と俊敏性、そして拡張性の向上を実現。あらゆる場所で働く社員が持てる能力をフルに発揮し、業務生産性を高めていく快適なIT利用環境を提供します。

おすすめ資料ダウンロード

この記事を読んだ人がよく読む記事

最新の「課題を解決」

人気の記事

関連する記事

関連する資料ダウンロード

関連するセミナー

関連情報

VMware 認定ディストリビューター情報

TOP