課題を解決

Workspace ONE を活用した最新のWindows 10 PCのエンドポイント管理(2/3)

2019/09/19

Workspace ONEによる統合エンドポイント管理の概要

Workspace ONEにおけるMDMの基本形

統合エンドポイント管理の中核となるのがMDM(モバイルデバイス管理)です。Workspace ONEにおいて、Windows 10搭載PCを含めたMDMは、AWCM(AirWatch Cloud Messaging)およびWNS(Windows Notification Service)と呼ばれるプッシュ通信サービスによって行われます。

これにより、各ユーザーが利用しているモバイルデバイスのプロファイルやコマンド、順守ポリシー、侵害状態、アプリ配信状態などをリモートで管理することができます。

Windowsデスクトップ用エージェントによるエンドポイント管理

Windows 10搭載PCのエンドポイント管理は、OS標準のMDM機能に加え、Workspace ONEから提供する「AirWatch Unified Agent(APA)」および「VMware AirWatch Agent」の2種類のWindowsデスクトップ用エージェントによって行います。

Windows 10機能更新プログラムの適用

管理者は、ユーザーを役職や所属部門、担当業務などの任意のスマートグループに分類しておき、機能更新プログラムごとに適用を承認することができます。

おすすめ資料ダウンロード

この記事を読んだ人がよく読む記事

最新の「課題を解決」

人気の記事

関連情報

VMware 認定ディストリビューター情報

TOP