基礎から学ぶ

VMwareの仮想化が選ばれる理由 〜全世界400,000社以上、国内7,000社以上の導入実績〜(2/3)

2013/04/23

専用の軽量なハイパーバイザー

VMwareの仮想化は、仮想化に特化したソフトウェアであり、セキュリティや管理面でも優れた特性を持っています。これに対して、一般的な仮想化は、汎用OSの機能の一部として実装・提供されており、レガシーなOSのコードを多く含むことから、セキュリティホールやバグのリスクが増加、信頼性が著しく低下します。

専用の軽量なハイパーバイザー

軽量なソフトウェアで高い信頼性・管理性を実現

例えば、Hyper-Vは、汎用OSの一部として提供されるためファイルサイズは、約5GB。それに対して、VMware vSphere 5.1は、約144MBと非常に軽量であり、攻撃対象となる領域が小さく、高い安全性を確保することができます。

軽量なソフトウェアで高い信頼性・管理性を実現

 

VMwareの仮想化は、基幹系を支える基盤としても使われています

かつて、仮想化は、Webサーバやファイルサーバなど負荷が少ない環境で使われていました。しかし、VMwareの仮想化は、基幹系を支える基盤に採用されるケースが年々多くなっています。SAPやOracleを仮想化されているお客様が多いのが、VMwareの仮想化の特長のひとつです。

VMwareの仮想化は、基幹系を支える基盤としても使われています

高い信頼性

ある大手製薬企業のお客様では、ハイパーバイザー(VMware vSphere ESX)のレベルで、システムのアップタイム(連続稼働時間)が6年以上という実績があり、VMwareの仮想化は、安心して本番系システムでご利用いただくことができます。現在、94%以上のお客様が、本番系システムでVMwareの仮想化を利用しています。

高い信頼性

おすすめ資料ダウンロード

最新の「基礎から学ぶ」

人気の記事

関連情報

VMware 認定ディストリビューター情報

TOP