基礎から学ぶ

VMwareの仮想化が選ばれる理由 〜全世界400,000社以上、国内7,000社以上の導入実績〜(3/3)

2013/04/23

高い統合率とパフォーマンス

VMwareの仮想化は、高いパフォーマンスを実現することができ、24台〜30台の高統合率でも性能劣化なく安定動作することが証明されています。

  • 24論理CPU(2ソケット、6コア、ハイパースレッド有効)/96GB物理メモリを搭載した物理サーバ上で1台〜30台の仮想マシン(2vCPU/4GB Mem)を実行しパフォーマンスを比較
  • 参照:PRINCIPLED TECHNOLOGIES, INC. VIRTUALIZATION PERFORMANCE: VMWARE VSPHERE 5 VS. MICROSOFT HYPER-V R2 SP1. August 2011.
  • ベンチマークツールとしてDS2を使用

VMwareは他社仮想化製品よりも高い?

「VMwareは高い」と考えている方もいらっしゃいますが、VMwareは統合率が高く、ゲストOSのライセンス費用やハードウェアなどの設備投資を節約することができるため、他社仮想化製品と比べて総投資コストを抑えることができます。仮想化管理製品を含めた場合、その差は顕著に現れます。

仮想化導入コスト比較

市場で実証された機能

VMwareの仮想化では、早い時期から数多くの最新機能を提供しています。例えば、BCPや災害対策で利用されるHA(High Availability)は2006年、高度なストレージ管理機能は2001年、クラウド対応のセキュリティは、2009年から提供しており、これら機能は、すべて市場で実証済みです。そのため、VMwareの仮想化は、お客様の本番系システムで安心してお使いいただくことができるのです。

市場で実証された機能

おすすめ資料ダウンロード

最新の「基礎から学ぶ」

人気の記事

関連情報

VMware 認定ディストリビューター情報

TOP